Category Archives: プログラミング言語

どのようなスキルが必要か

開発においては、業務知識が重要だと考えられる。ジャンルは業種によって変わるが、証券取引、財務会計、生産管理、物流・在庫管理、販売管理などの仕組みと業務フローについては学習する必要があるだろう。ただしこれらはプロジェクトが始まってから勉強しても十分間に合う可能性があるため、関わるプロジェクトの特徴を把握してから学習を始めることをおすすめしたい。

現在の金融システムはWebシステム開発が主流のため、Webアプリケーションに関わるプログラム知識を習得しておくと良いだろう。HTMLをはじめ、XMLやPHP、JavaやJavaScriptあたりを身につけるのをおすすめする。
全国の顧客のデータを一括管理しているためSQLやOracleなどDBに関するスキルを修めていると役に立つと思われる。さらにDB系はややこしいため苦手にしている人も多く、自由自在にこなせるようになると周りから大変重宝されるだろう。
また、英語も覚えておくと便利である。最近の金融系は外資系だけでなく国内系も海外専用のシステムを持っていたり拠点を海外に作ろうとしていることがある。そのため現地の人達とコミュニケーションできるだけの英語力があるとかなり役に立つと予想できる。

意外と盲点なのがCOBOLやVBなど昔からあるプログラミング言語である。古い金融システムの場合、これらの言語で作られていることがあり、それを保守しているのが年配のシステムエンジニアであることが多い。またそうしたシステムは若い人はあまり関わろうとしないため、彼らの後釜狙いで習得してみるも良いのである。